【心理学】マイナスの方が好感を持てる話

最初の印象は微妙だったけど、

話すうちに好感がもてるようになった!

あなたにはこんな経験ありませんか?

私は毎日多くの方の履歴書を読み、

面接しています。

そんな中、改めて感じたのが

「履歴書を見ている時は微妙だったけど、

会ってみると好感がもてるな」

という方がいるという事です。

プレイベートだと、

夫の第一印象はすごく悪かったけど、
なんだかんだ結婚したな

ということもありますね。

最初の印象は良くないけど、
だんだん印象が良くなっていく人の方が、
もっと話を聞きたいと感じることがあります。

なぜこのように感じるのかを、心理学的な観点から
ご紹介します。

目次

1.心理現象の1つ

心理現象の1つに
「ゲインロス効果」という効果があるのをご存知でしょうか。

人の心理状況において、
プラスとマイナスの変化量が大きいほど、
人の心に影響を与える度合いが大きくなる効果です。

つまり、

相手に対して最初にマイナスの印象を与え、
その後プラスの印象を与えた方が良い好印象を持たせられる、

ということです。

この効果について、実証する実験結果がこちらです。

4パターンのうち、以下の順に好感度が高いという結果だったようです。

1.最初は評価が悪かったのに良くなっていくパターン
2.評価がずっと良いパターン
3.評価がずっと悪いパターン
4.最初は評価が良かったのに悪くなっていくパターン

確かに、最初の評価が良くても案外普通だった、
という場合はちょっとがっかりしますよね。

あなたの実体験を振り返ると、
納得できることも多いのではないでしょうか。

2.前提条件が2つ必要

じゃあ最初は印象悪い方がいいのか、
というと、
そうでもありません。

前提として、以下の2つの条件が必要でした。

(1) 系統的な変化であること

話をしているうちに、相手の心が変わるような変化
である必要があります。

ですので、全く別の分野で良いところを見つけても
あまり変化はありません。

例えば
最初は言っている内容に納得感がないけど、
面白くて運動が得意、
という人は「納得感がない」ままです
よね。

一方、
不誠実だと思っていたが、接するうちに、
本当は誠実だな人だった、
という人は印象が良くなります

このように同じ分野で印象が変わっていくことが前提です。

(2) 徐々に変化すること

また、心の変化が「徐々に」起こる
というのも大切です。

実は、急に180度態度が変わるのは、
かえって怪しまれるの
です。

例えば、出会って3回までは頭が悪いと言われていたのに、
4回目に急に聡明だと言われても、驚きませんか。

徐々に変化することも前提として大事ですね。

実際に、私の夫に対する印象はとても悪かったですが、
学生時代から10年以上の付き合いの中で、
徐々に変わったからこそ良く見えることがありました。

3.意図的にギャップを狙わない

恋愛だけでなく、仕事でも「意外性」
「ギャップ」が受ける場合があります。

ですが、

無理にギャップを狙うのは避けたほうがいいです。

理由は、

「第一印象の回復は困難」だからです。

心理学では、初頭効果というものも明らかにされており、
最初に形成された印象は後の情報に影響するといわれています。

最初に悪い印象を持たれてしまうと、
挽回するには時間がかかり、
何回か続けて会う機会が必要です。

同じ会社や、私のように同じ部活やサークルなど、
継続的に同じ相手に会うチャンスがあればいいのですが、
面接など、最初に悪い印象を持たれてしまうと、
2回目のチャンスがやってこない方が多い
です。

そもそも、意図的に演出すると、
かえって相手に疑念を抱かせ信頼を失う危険性もありますからね。

4.まとめ

いかがですか。

今回は、心理学の観点から
人に与える印象の話をご紹介しました。

基本的に初対面での印象は非常に強く残ります

もし最初にあまりいい印象を与えられなかったら、
初対面の間に何かいい印象を残すようにしましょう。

次回以降の挽回を考える前に、
そのタイミングで一番よいイメージをもってもらえる
コミュニケーションをとってくださいね。

いつ、どこで、誰に会うかわかりません。

気を抜きすぎないように気をつけてくださいね。

今回は、これで終わりにします。
ではまた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代会社員。人事歴10年。自分磨きアドバイザーやってます。
これまでの人事経験をもとに、自分と向き合うことを大切さを発信。
面談・面接実績は3000件以上。
自分磨きや転職に関する記事を週2回更新しています。
Kindle本を出版し4カテゴリで1位を獲得。よければぜひ読んでください。

コメント

コメントする

目次